April 17, 2006

三島由紀夫映画祭

昨日、というか一昨日、電車で三島由紀夫の『夏子の冒険』を読んでいる女子高生を見かけました。おおー、それ面白いよね!と声を掛けそうになりました。ちょっと後半ぐだっとするけど。

そういえば、『肉体の学校』も『音楽』も『美しい星』も読もうと思って読んでない!本来ならば図書館行って何読もうか悩んでるヒマなんてなかったんだ!適当にジャケ借りしてる場合じゃなかったよ!

そんなことがあって映画『憂国』が公開されるというような噂を思い出しました。調べてみたら【三島由紀夫映画祭2006「その目で、心で 衝撃と対峙せよ」】というのが今開催中らしい。しかもやってるとこも近所じゃん。

『憂国』は上演時間28分らしいので、当日券1000円は高いと思うけど、秘仏みたいなもんだと思って我慢します。自害のシーン、豚のはらわたを使っているというのがコワイんですが、最近は「仁義なき戦い」を見て血慣れしてきたので挑戦してみようと思います。

ゴールデンウィークは三島由紀夫映画祭でキマリだね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2006

ぜんぜんはやくない

田辺聖子の短編はすごく面白くて夢中で読んでしまうのですが、いつもタイトルを忘れてしまう。今日は図書館のもらっていっていい本コーナーにあった『窓を開けますか?』という本をまたがむしゃらに読んでしまったのだけど、またタイトル忘れそうな予感です。あ、これは長編でしたけど。

田辺聖子面白いよー。本の趣味が似てる人へ。

今日は仕事のときにすごい勢いでメールを打っていた自分に気がついたので「はええなあ」と思って日記も書きたくなりました。しかしあのときの速さは戻ってこない…。
タイプミスも意外としてなかったんだよね。なんだ、アレは極限状態だったのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2006

部屋と髪

この土曜日はかなり部屋の掃除をしていたんですが、いっこうに片づかん!

収納するところがないのに物が多いのがいけないのではないかとは思うんだけど、そんなにきっぱり捨てられないよー。

今後、消耗品にしか欲望を持たなければいいのかなー。すでに下着・靴下・シャンプー・リンス・石鹸くらいにしかそそられないのに!!

あ!あと美容室に熱意を持つのも物が増えなくてよいかも!と思いつきました。
いつもうっかり切りに行く機会を逃して湯浅卓みたいになっちゃうんだよね。
今もまさに湯浅卓です!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 03, 2006

ノロウィルスにも気をつけて

ちょっと前にお腹にくる風邪をひいてしまい、川の流れのようなくだしっぷりに苦しんでいたのですが、ちょうどそのとき読んでた本にもくだす話がでてきました。

山田風太郎の『妖異金瓶梅』の中の話で、男と女が棺桶に逃げ込むんですが、そのとき女はお腹が痛くて棺桶の中は悲惨なことに…、という話です。←すごく乱暴なまとめ

みなさんも風邪には気をつけてくださいね!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 06, 2006

とっちらかってるな

「ミドル3」を見てたら、ゲストの東野幸治が『実話ナックルズ』を読んでいると言っていました。雑誌好きなんだな〜、とちょっと好感を持ってしまいました。TVでナックルズて。私としてはたまに泉晴紀せんせいの漫画が載っている『漫画ナックルズ』ほうが好きなんですが。

泉晴紀せんせいは久住昌之せんせいと「泉昌之」というユニットを組んで『ダンドリくん』、『かっこいいスキヤキ』などといった数々の名作を発表してきましたが、実話界でも活躍しているということを最近になって知りました。

泉晴紀せんせいは『漫画ナックルズ』以外にも2000年に発行された裏モノJAPAN別冊『平成の裏仕事師列伝』(←人から偶然借りた)のイラストでもソロ活動をされていました。『漫画ナックルズ』からエロが消え、泉晴紀せんせいだくになったら最高だと思います。そんなことになったらカンペキ廃刊ですが。

私としては「泉昌之」だと安心して読むことができるのですが、泉晴紀せんせいが他の原作者と組んでかいている漫画も「大丈夫かな…」というスリルがあって好きです。だって「泉昌之」は原作者の久住昌之せんせいが「だし」で、泉晴紀せんせいは「コク」ですから!

まあ、それはいいとして、ちょっと前にタモリ倶楽部をみていたら安斎さんが「男の友情を試すために泉晴紀の靴下を食べた」とかいう話をしていました。「安斎 泉晴紀 靴下」でググってみたら、久住昌之せんせいの日記がヒット。『ガロ』でみうらじゅん・根本敬・泉昌之というデビュー同期のメンバーで対談したときの2次会から始まった儀式が、安斎さんのいた飲み会でも行われていたようです。

ああ、その『ガロ』ならもちろん買いましたよ。たぶん実家のどっかにあります。泉昌之もみうらじゅんくらいにメジャーになることを切に願っています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 04, 2006

心が折れそう

年末年始は実家に帰っていました。大学の頃も入れるともう何年も一人暮らしをやってるんですが、初めて実家に戻りたくなりました。

だって、暖房器具といえばエアコンだけの寒いアパートと違い、実家はファンヒーターやホットカーペットなど充実の品揃え!気のせいかもしれませんが、東京より気温も高く感じます!しかもあったかさだけに特化した服とか靴下とかグッズ(布団につけるあっかたいボアのマットみたいなのとか。小さい毛布みたいなのとか。とにかくドンキっぽいノリ。)もたくさんあってとにかく寒くない!

あったかいって幸せ…。いや、これが「幸せ」だなんてさみしすぎるので「つらくない」ぐらいにしときます。

それからヨコハマで働いてた友達が仕事を辞めて地元に帰って来ていて、「ちょうひまだよ〜」とか言ってたので私も一緒にちょうひまをやりたくなりました。その友達のいう「ちょうひま」には哀愁があったので、彼女を一人にしていいのか!という思いと、私の単なる生活の疲れがマッシュアップしてしまったようです。

夜布団に入ってからも「地元で暮らす」というプランが頭を離れず、原付で移動する自分や、地元の企業で働く自分が浮かんでなかなか眠れませんでした。

しばらくは東京の魅力的な部分を探して「地元で暮らす」プランを忘れるよう努力しようと思います。だって実際に実家で暮らしてたりしたら、家族とのしょうもないケンカが絶えず、イヤになると思うな。ていうか私の部屋もうないし!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2005

寒い、寒いよ…。

エアコンつけても全然暖かくなりません。お風呂に入ろうかと考えてたらなんだか揺れたようなきがして、地震?お風呂に入るのこわいなあ、って思ってたんですが「日記ちょう」に「ゆれた!」っていう書き込みがないのでたぶん私が揺れてるんでしょう。

寒さゆえにお風呂上がりは布団に入りながらドライヤーで髪を乾かしています。冬の定番。引っ越してきてからたぶん毎年やってます。だってエアコンとドライヤーを一緒に使うとブレーカーが落ちるんですよ。このくそ寒いのに!

朝風呂した場合なんかは布団に入りながら髪を乾かしてると眠くって…。寝たら死ぬぞ!(寝坊で遅刻→会社で白い目→モチベーションの低下→社内ニート→退職→本当のニート→アパートで孤独死)って思ってがんばってます!

しかしこないだは髪が乾いたのでドライヤーを止めてエアコンをつけたら、トースターでパンを焼いていたためブレーカーが落ちました。まったくもってロハスだな!

ちなみに今はスキー用靴下はいてますよ。足下はあったかいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 06, 2005

お金は必要だね

寒いのでどんぶりいっぱいココアを作って飲みました。さすがにつらいね、どんぶりだと…。

会社の忘年会でプレゼント交換をやるということになり、1人500円分のプレゼントを用意することになりました。会社全体の忘年会なので、万が一私の選んだものがお客様や社長に当たったら…、と思うと何を選んだらよいのか悩みます。

で、いろいろ考えた結果(←言い過ぎ)『LEON』ならいいかも!と思いつきました。男性の方が多い職場だし、女性だってもらったらそこそこうれしいんじゃないかと思って。だいたい会社の人で購読してる人もあんまりいないだろうから、「俺自分で買っちゃったヨ~」ってこともないんではないかと。

張り切って本屋へ行ったら『LEON』は780円でした。必要なのはお金じゃなくてセンスなんじゃないの?高いよ~。買えないよ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2005

濃ブーム

先週からずっと眠くて眠くて、今日はたくさん寝ましたよ。なんでこんなに眠いのか!と思ってふと気がついたんだけど、風邪??怖くなってきたのでみかん一気食い&野菜ジュース摂取、そして今はショウガ紅茶を飲んでいます。

テレ東の日本作詩大賞最高!演歌オンリーだったけど。レミオロメンとかケツメイシとかそういう若者の人たちは対象外なのかな?協会に加盟とかそういうしばりがあるのかしら??

でも演歌の人はみなさん歌がうまいし、セット豪華だし、ダンサーもいっぱいいるしで画面にくぎづけでした。テレ東の演歌番組はみたことないけど、これからチェックしようかな。

最近は濃厚な化粧水とか美容液とか味の濃いスナック菓子とか、「濃さ」を売り物にした商品が多いから演歌もくるんじゃないかしら。重さがあるから、おトク感がすごくあるよ。

| | Comments (28) | TrackBack (0)

November 18, 2005

映画も気になる

今、実話系の暴力団に関するムックを読んでいるのですが、これが終わったらヘンリー・ダーガーの「非現実の王国で」を読むしかないな、という気になってきました。ちょっと前にアールブリュット展に行ってきたんですが、いろんな作家がいるなかでヘンリー・ダーガーは巨匠(!)扱いでした。

ヘンリー・ダーガーは誰にも見せない物語をタイプで15000枚以上とその物語の絵も大量にかいててそれらが死後みつかって「わー、すごい!」ということになった人。

こないだ、「グインサーガが作者の死後みつかったらすごくない?」という話になりました。その後、「」「ガンダムが死後みつかったら!」とか「こち亀が死後みつかったら!」という話で異常に盛り上がったよ。

それにしても誰にも見せないで書く、っていうのがすごいわ。一瞬、死後に向けて何か秘密を作ったほうがいいかな?と思ってしまった。本末転倒。

とにかく来年にはヘンリー・ダーガーのドキュメンタリー映画も日本で公開されるらしいし、それに向けても読んでおかねば!しかし今、ヤクザブームも到来中なので頭の中が忙しいです。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

«復活